本番に弱い弱点を克服するために

我が家には中学受験を無事に終えて、私立中学に通っている息子が一人います。母親の私が一人で育てている母子家庭なのですが、息子には気にせずに行きたい学校に通ってほしいと思っていました。本人は中学受験をして私立中学に通うことを希望していたので、学習塾に通わせたり母親としても応援しながら、毎日仕事で忙しく過ごしていました。息子は試験になると実力を出し切れない本番に弱いタイプだったため、その弱点を克服するために模試などテストの際には本番の試験だと思って臨んだり、本番に強くなるような対策を重点的に行っていました。本人は試験の緊張感に慣れることが重要だと考えたようで、テストのような緊張感のある場をできる限り多く経験するように心がけていたようです。
受験する私立中学も本人が選び、3校に絞って受験をすることにしました。結果は3校とも合格したので、本番に弱いという弱点は克服することができたのだと思います。小学5年生から学習塾に通い始めて約2年弱でしたが、毎日遅くまで受験勉強を頑張っていたので本人が希望する学校に無事に合格することができて本当に良かったと思っています。これからも息子を応援しつつ、経済的に困ることがないよう母親としても一層努力をしなければ、と覚悟することができたいい思い出です。